【東コレデザイナー通信簿vol.02】アツシナカシマ(中島篤)「離れたからこそ分かる日本文化」

Voice Voice

アツシナカシマ2013SS
  • アツシナカシマ2013SS
  • アツシナカシマ2013SS
「FASHION HEADLINE」では、先日東京コレクションでランウエイを発表したブランドに2013年春夏を振り返ってもらう意味も込めて、自己講評をお願いしました。

2回目は「アツシナカシマ」のデザイナー、中島篤さん。2回目の東コレ参加となった今回、DHLアワードを受賞しました。

回答者:
アツシナカシマ
デザイナー中島篤

Q1.今季、クリエーションで新しく挑戦したこと
A:
海外で7年間過ごし、離れたからこそ分かる、古来から培われてきた日本文化の素晴らしさを再発見しようと、今までとは違った観点で和の要素を表現しました。

Q2.コレクションで一番こだわった点
A:
実際洋服で見ると分かりづらいですが、すべての洋服に和の要素を取り入れています。
平面の四角い布を洋服の一部にはめ込み、それが自然に落ちてドレープになるアイテムや、折り紙や切り絵からヒントを得たカッティング、武士の甲冑と同じ様に編み込まれたコルセットドレスなど、和の要素を洋服と上手く融合させました。

Q3.自分の今季の一押しルック、アイテム
A:
折り紙の様に折られた、グラデーションジャケット。

Q4.バイヤー、プレスに人気のあったアイテム
A:
レザーに、墨汁を染み込ませたようなグラデーションプリントのワンピースです。

Q5.今季のコレクション、採点すると何点?その理由は?
A:
70点、和の要素を分かりやすく出すことが難しかったです。まだ、デビュー2シーズン目なので、反省点は多くあります。

Q6.今後の展開を教えてください。
A:
ブランド立ち上げ当初から、海外を視野に入れていますので、今後は、海外で展示会をしたいと思っています。

《編集部》
  • アツシナカシマ2013SS
  • アツシナカシマ2013SS

特集

page top