【東コレデザイナー通信簿vol.01】ファセッタズム(落合宏理)「オープニングを飾る責任感」

Voice Voice

ファセッタズム2013SS
  • ファセッタズム2013SS
  • ファセッタズム2013SS
「FASHION HEADLINE」では、先日東京コレクションでランウエイを発表したブランドに2013年春夏を振り返ってもらう意味も込めて、自己講評をお願いしました。
本日より、回答結果を掲載します。

第1回目は「ファセッタズム」の落合デザイナーです。

回答者:
ファセッタズム
デザイナー落合宏理

Q1.今季、クリエーションで新しく挑戦したことは?
A:
毎回新しいテーマに挑戦し、それに伴い素材開発・縫製等、毎回すべてにおいてクリエーションを高められるようにしています。

Q2.コレクションで一番こだわった点は?
A:
JFWのオープニングセレモニーと合同のショーでしたので、オープニングを飾るショーとしての責任感を持って取り組みました。

Q3.自分の今季の一押しルック、アイテムは?
A:
メインとなるテキスタイルがグラフィティーでしたので、それを取り入れたアイテムすべてです。

Q4.バイヤー、プレスに人気のあったアイテムは?
無回答

Q5.今季のコレクション、採点すると何点?その理由は?
A:
自分では、評価でき兼ねます。

Q6.今後の展開を教えてください。
A:
来年1月30日から2月6日で伊勢丹新宿店本館3階ザ・ステージ#3ネオモードステージにて、”STORE “JAPAN” ISSUE#3”と題しました、期間限定スペースに参加させて頂きます。

Q7.他によかったと思うブランド
無回答

《編集部》
  • ファセッタズム2013SS
  • ファセッタズム2013SS

FEATURED

特集

page top