【東コレ評vol.01】Fashionsnap.com( 小湊編集長 )「発信力の強化は必須。包括的な取り組みや広報力が必要」

Voice Voice

Fashionsnap.comより
  • Fashionsnap.comより
「FASHION HEADLINE」では、2013年春夏東京コレクション評をジャーナリストやバイヤーの方々からお聞きしました。
本日より、アンケートの結果を掲載します。

第1回目はFashionsnap.comの小湊編集長です。

回答者:
Fashionsnap.com ニュース・コレクション 編集長
小湊千恵美

Q1.よかったブランドとその理由
A:
・ミントデザインズ(mintdesigns)
 ショー空間全体でミントの新しいヴィジョンを打ち出していた。
・アンリアレイジ(ANREALAGE)
 服に対する探究心と「神は細部に宿る」というブレない信念を感じた。
・ビューティフル ピープル(beautiful people)
 「江戸前=日本のトラッド」という“ウィット”がたまらない。
・ファセッタズム(FACETASM)
 ピュアで限界ギリギリの勢いを感じる。
・アリス アウアア(alice auaa)
 ゴスロリのイメージをモードに変えた。ショーとしてのインパクトはNo.1。

Q2.今後期待できる注目ブランドとその理由
A:
・リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)
 数シーズンぶりに登場した1着の服を見て「ファッションって何だろう?」と改めて考えさせられた。次にも期待。
・キューン(CUNE)
 アンチなキャラクター性と上質さの相反する両立は唯一。海外に受けそう。

Q3.ほしいアイテム、オーダーしたもの。
 回答なし。

Q4.今季のコレクション全体の感想
A:ヨーロッパのそれとは違う“ジャパニーズ・クチュール”と呼べそうな技術、サブカルチャーやストリートのミックス感覚は日本ならではだと感じる。ヴィジョンを明確にし、ベクトルを外や相互方向に向けて、もっと振り切ってほしい。

Q5.東コレについて思うこと
A:発信力の強化は必須。海外向けには世界中のジャーナリストやバイヤーに向けた施策、国内向けには国民的なイベントにするための包括的な取り組みや広報力が必要だと思う。
《編集部》
  • Fashionsnap.comより

特集

page top