ルイ・ヴィトンのCEOが1か月で退任、後任はブルガリCEOのジョルディ・コンスタンス

Biz Biz

12月18日、フランスに本社を置くLVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)社が「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のCEO(最高経営責任者)ジョルディ・コンスタンス(Jordi Constans)の退任を発表した。

後任は「ブルガリ(BVLGARI)」 CEOのマイケル・バーク(Michael Burke)。コンスタンスは1か月前にCEOに就任したばかりで、退任の理由は健康上の問題。

バークは1986年にLVMHグループに参加。1986年から1993年までクリスチャン ディオール USA(Christian Dior USA)のCEO、1997年クリスチャン ディオール クチュールCEO代理、2003年からフェンディ(FENDI)のCEOを務め、2012年2月よりブルガリ(BVLGARI)のCEOに就任。今後、LVMHの執行役員も務めるという。

LVMHグループ会長兼CEOのベルナール・アルノー(Bernard Arnault)は、「バーク氏はLVMHでずっと一緒に仕事をしてきた。豊富な経験とブランドへの理解がある彼のリーダーシップにより、ルイ・ヴィトンはこれからもラグジュアリー業界を牽引するブランドとして成長していくと確信している」とコメントしている。
《編集部》

特集

page top