第6回東京コスメティック・コレクション開催。ブロガーの発信力に期待、世界進出も

Beauty Beauty

会場スクリーンではメイクのデモンストレーションなどイベントが行われた
  • 会場スクリーンではメイクのデモンストレーションなどイベントが行われた
  • 入り口右手にはイセタンミラーのブースが大きく展開
  • オーガニックコスメを集めたブース
  • 入り口左手にはスリーやロレアルなどが並んだ
  • ドレスコードが定められた会場内は多くの着飾った女性ブロガーでにぎわった
15日、東京・渋谷ヒカリエで招待制化粧品展示イベント、第6回「東京コスメティック・コレクション」が開催された。出展ブランドは大きく展示ブースを取ったイセタンミラーや、レディーガガの香水フェイム(fame)、スリー(THREE)、OPI、ロレアルなどが出展。また流行を見せるオーガニックコスメが集積したブースも用意された。

来場者は完全招待制で、大部分を占めるのがブロガーだ。2008年開催の第1回以来毎回300人のブロガーを招待してきたが、パシフィコ横浜開催の第5回では3000人に拡大。今年はプレス関係者の2倍にあたる1000人のブロガーが招待された。合同展示を行うことにより、化粧品メーカーの弱点である会員の囲い込みやプロモーションを可能にしたが、ブロガーと特別な契約は結んでいない。ブロガーは登録制だが販売目的のメールマガジンなどは送付せず、意味のある情報のみを届ける。

「東京コスメティック・コレクション」を運営するメディアプラス代表取締役玉木秀樹氏は「我々が行うのは販売ではなくプロモーション。ブロガー、メーカーに向けてギブ&ギブのスタンスでいきたい」と語る。

またアジア各国から日本製コスメに対する注目度は高く、今年7月に上海で開催された「東京コスメティック・コレクション」には中国展開を意識する化粧品ブランドが出展し、3000人の現地ブロガーが集結。2013年秋には台湾での開催が決定している。
《くまがいなお》
  • 会場スクリーンではメイクのデモンストレーションなどイベントが行われた
  • 入り口右手にはイセタンミラーのブースが大きく展開
  • オーガニックコスメを集めたブース
  • 入り口左手にはスリーやロレアルなどが並んだ
  • ドレスコードが定められた会場内は多くの着飾った女性ブロガーでにぎわった

FEATURED

特集

page top