【東コレ2013SS】ミニマルを形にした「アンリアレイジ」

Fashion Collection

アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
ブランド創設10周年を迎えたアンリアレイジ(Anrealage)の、2013年春夏のテーマは「BONE(ボーン)」。極限までそぎ落とした服を披露した。

ファーストルックは漆黒のモデルにパニエのような骨組みのワンピースでスタートした。ブラックライトによる照明で白く浮き立ち、まるで骨組みだけが歩いているかのよう。

暗転から解け、ネオンカラーの骨組み達が登場。そして、「面」を抜かれ、構造線だけを残し、一見柄や編みに見えるワンピースやコート、ジャケットなどのレイヤードスタイルが続々と発表されていく。靴やバッグなどのアクセサリーも同様に処理され、コートのトグル、ボタン、ライダースのスタッズまで肉が失われているという凝りようだ。

構造線だけを残した服たちはポリエステルをレーザーカットしたもの。UV加工を施されており、ブラックライトで発光する。今回のコレクションについて森永は、「今回はパターンからではなく構造から作ることを考えた。実際の服に骨組みは無いので、3Dモデリングソフトを用いて想像の骨組みを制作した」と語る。実際、1本でも骨組みを失うと、大きくフォルムが崩れてしまうという。「極限まで穴を開けて、一番シンプルな洋服のかたちをつくりたかった。すべての物に骨組みがある。見たものから発想している」と森永。

《編集部》
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS
  • アンリアレイジ2013SS

特集

page top